日々のキヲク
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

logo
welcome board

結婚式準備でまず最初にやったこと、といったら二人のロゴを考えたこと。そして招待状から当日配布の紙モノまで、そのロゴを入れました。しつこいぐらいに(笑)。その集大成がコチラのWelcome ボード。 PUEBCO のフレーム を購入して、それに合わせて相方さんの知り合いのアイアン作家さんに発注、製作してもらいました。当日は、フランク・ロイドライトの椅子に立てかけるような感じでディスプレイ。写真には写ってないけど、Lisa Larson のライオンも地面に置いて飾りました。明日館では、ウェルカムボードはこんな感じで皆さん置くみたいです。そうそう。当日の芳名帳はモレスキンの水彩画用ノートにしたのだけれど、ペンも PUEBCO の鍵ボールペンにしました(→ コチラ)。
ちなみにこちらのロゴの意味。お互いの苗字と名前から「4」と「7」を組み合わせたものです。
paper items/ invitation
invitation invitation

ペーパーアイテムは、デザインからすべて手作り。印刷業者は仕事で日頃お世話になっている業者さん3社をアイテムによって使い分けました。まずは招待状。これは封筒ありきから始まったモノ。というのも、これまた仕事で大量のトレーシングペーパー素材の封筒をGET&STOCKしていたためこれを利用しない手はない、ということで。透けることを考慮して、デザインと台紙の色を決めました。中面は、よく包装紙などで使われる薄紙に印刷して、台紙とこの中面はふたりとも仕事が生地に関係していることから、ミシンで縫い合わせ。同封した明日館の説明は、大好きなガラスの歪みを表現したくて、これもトレーシングペーパーに。見やすさを考慮して、地図は中面と同じ薄紙にカラー印刷しました。
ちなみに。明日館での挙式を決めたとき、その情報が少なくて焦りました。いわゆるホテルウェディングや結婚式場とは違って、プランナーさんはつくけど必要なことは自分たちでいろいろ調べて提案していかなきゃいけなくって。ま、その分自分たちの好きなようにできるという最大の利点が明日館にはあるんだけど(多少の制限はあります)。そのため、ググって見つけたこれまでに明日館ウェディングをした方々のブログが本当に役立ちました。地図は、その中のおひとりのものを参考にさせてもらっています。私もこのブログに残すのは、もちろん備忘録的なこともあるけれど、今後明日館で結婚式を挙げる方にとって少しでも参考になればなぁ、と思って。
そして。新婚旅行から帰って来たばっかりなのに、水曜からドイツ&ベルギーに1週間出張してきます。既に寒いヨーロッパとまだまだ暑い日本・・・。あー、体調崩しそう。
wedding place
myonichi-kan

結婚式をあげることを決めて、まずは会場探し。・・・なのですが、私たちの場合は「探す」こともなく決定でした。それが、自由学園明日館。旧帝国ホテルを手掛けたフランク・ロイド・ライトの設計、重要文化財にもなっている建物です。SPURだったと思うのだけれど、何年も前にどなたかのウェディングの様子が小さく紹介されていて。それがずっと頭から離れずに、いつかここで結婚式をあげたいなぁ、と思っていたのです。一方の相方さんも以前、吉岡徳人さんのセミナーに仕事で参加したときに会場が明日館だったため、ここのことは知っていて。そんな訳で、早速明日館でのウェディングを仕切っているコルドンブルーに連絡をとり、会場見学をしたのは1月のこと。ホールに光が差す光景を見た瞬間、ここでやりたい、と本当に心から思ったのでした。あとは、ガラスの歪み(笑)。昔のままのガラスが残っている窓に見られた歪みが、ふたりともお気に入りでした。でも、その時点で知らなかったのよね、私。そんなに明日館ウェディングが人気だってこと・・・。秋ぐらいにやりたいねー、と言っていたのですが、この時点で年内で空いていたのは私たちが式を挙げた9月の祝日と12月のどこかの土曜日の2日間のみ。ひゃー、びっくり。っていうか、私たちがのんびり&知らなすぎだったのかしら・・・。そんなわけで見学日にそのまま仮予約を入れ、仮予約期間が切れるその1週間後に正式契約、というトントン拍子の会場決定なのでした。今となっては、試しにウェディングフェアーとか行ってみたかったなぁ(笑)。ちなみに写真は、その見学日に撮った真冬の明日館。
a happy day
wedding

昨日(日付的には一昨日だ・・・)、無事結婚式をあげることができました。式、披露宴、そして二次会と来てくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげで幸せな、忘れられない一日になりました。振り返ってみても、ついつい笑顔になってしまうくらい楽しかったです。至らなかった点、たくさんあったかと思いますが目をつぶっていただけると嬉しいです。
結婚式については、備忘録的な感じでこれからちょっとずつアップしてこうかなぁ、とも思っています。とりあえず、明日(しつこいけど、日付的には今日・・・)から新婚旅行に行ってきます!9泊11日!何にも下調べしてなくてヤバイけど、行ってきます!
場所変更
pond pond

最初はここの予定だった二次会の場所。ありがたいことに、ゲストの人数が予想を上回りキャパオーバー。会場に入っていく階段に下がっているシャンデリアとか、部屋の雰囲気とか好きだったけれど、それはそれ。皆様に楽しんでいただくことがいちばん。変更したところも同じ系列のお店だから、お料理とかは安心して出せるしね。天井も高くなったし、駅からのアクセスはよくなったし(地理的には遠くなったけど・・・)。やっぱり、変更万々歳なのだと思うー。
準備

stamps

いよいよあと1週間に迫ってきた、my wedding party。いろいろとバタバタしてます。「あれもやらなきゃー」的なことが盛りだくさん・・・。1週間会社休んでのんびり準備したい(笑)。

準備
zozoi cafe husqvana

あと2ヶ月とちょっとに迫ってきた my wedding party。土曜日は先週の試食会に続いて、打ち合わせのため会場へ。会場に行く度にここにしてよかったなー、と思います。実際、ここしか見ずに決めたぐらいだし。打ち合わせは、進行の大まかな決定と装花。花は私の中でイメージが固まってたのでそれを伝えて、こうじゃないと嫌ぐらいのワガママっぷりを発揮しました・・・。その代わり、お花の打ち合わせは短くて済んだんだけれどね。打ち合わせ後は、行ってみたかったカフェでお茶をひと休憩。ちなみに、その後行った新宿のBEAMSで岡尾美代子さんと同じエレベーターに!ドキドキしつつ、↓に書いたパンケーキTシャツ、着てればよかったとちょっと後悔(笑)。
そして日曜は準備のためのミシン作業。写真は私のお嫁入り道具(?)のミシン。もっと使ってあげなくちゃなー。思い描く理想のミシンを探しに探して見つけたものだし(ネットだけど)。カクカクしたフォルムとレトロな姿、そしてパワフルでシンプルな機能を兼ね備えたものは、コレ以外にはないと思っている私のパーフェクトミシンです。
お花

flower

いつでもお花をいただくことは嬉しいわけで。先週末は結婚式会場の試食会だったのだけれど、帰りがけに会場に飾ってあったお花をいただきました。当日のお花、業者を指定することができなくてちょっと不安だったのだけれど。いろいろ口出し(笑)したら好みのお花にしてくれそうな匂いを感じたから、ひと安心。ここいらなーい、っていう花の飾り方もあったけど。ま、そこは自分のワガママ突き通シマス。口うるさくて、ごめんなさい・・・。秋色アジサイは絶対に入れたいなぁ。

a new chapter in our life
cherry blossom  BRASSERIE PAUL BOCUSE Le Musee

突然ですが、先日入籍しました。もう一緒に住んでしまっているから、これといって日々の生活は何も変わらないけれど。でも、当日は区役所に書類を提出して、ハリネズミのIggyを記念に買って、お祝いのディナーをして。そんな出来事がとても幸せに思えました。とにもかくにも、人生の新たな一歩。初心忘れるべからず、な気持ちで日々過ごしていこうと思ってます。式とお食事会(披露宴、というよりもアットホームに食事会な気分がいいと思って)は、9月。仕事も7月終わりまでマックスに忙しいけれど、準備すすめなくちゃなー。